FC2ブログ
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト映画  »  マーティ・フリードマン、盟友ジェイソン・ベッカーとの思い出語る
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 [映画.com ニュース] 筋萎縮性側索硬化症(ALS)と戦い続ける天才ギタリスト、ジェイソン・ベッカーに迫ったドキュメンタリー映画「ジェイソン・ベッカー Not Dead Yet 不死身の天才ギタリスト」が11月8日、東京・新宿シネマカリテで封切られ、ベッカーとメタルバンド「カコフォニー」を組んでいた現在日本で活躍中のマーティ・フリードマン、初来日中のジェシー・ビレ監督がトークイベントを行った。

【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶の様子はこちら

 17歳の時に「カコフォニー」のギタリストとしてデビューしたベッカーは、類まれなる芸術的テクニックで注目を集め、20歳にしてデビッド・リー・ロス・バンドに引き抜かれた。しかしほどなくしてALSを発症、医師から3~5年の余命宣告を受けるが、現在も家族や仲間たちに支えられながら創作活動を続けている。

 ユニークな支援活動「アイス・バケツ・チャレンジ」で注目を浴びたALSだが、フリードマンは「下手するとかわいそうな話になると思った。それは誰よりもジェイソン自身が望まないこと。だけどジェシーからは熱意と誠意が伝わってきて、やるならこいつがいいと思った。ジェシーの解釈はとても繊細で、ジェイソンの気持ちをリスペクトしているし、ギタリストならではの特別の尊敬の念が込もっている」と納得の表情を浮かべていた。

 ビレ監督は、「僕は12歳の頃からギターを弾いていて、ギターの先生がよくジェイソンやマーティのCDを聞かせてくれ、彼らのスタイルや音楽性に魅了された。そしてALSに侵されても音楽を作り続けるジェイソンの姿勢に大きな感銘を受けた」と構想15年をかけて本作を完成させた。また、「日本で過ごした時間は素晴らしかった。僕の兄弟、マーティを温かく受け入れてくれる日本のみなさんにお礼を言いたい。今夜も駆けつけたかった」とベッカーからの熱いメッセージを紹介した。

 するとフリードマンは、「当時の僕らは全然お酒を飲まなかったのに、日本のスタッフに毎晩飲まされまくった。そのせいであまり記憶が残ってない(笑)」と裏話を披露。そして、「ジェイソンの魂は病気に負けていない。いつか治療法が見つかって、もう1回ギターを弾く姿を見られるかもしれない」と希望を寄せた。



引用:マーティ・フリードマン、盟友ジェイソン・ベッカーとの思い出語る



スポンサーサイト
NEXT Entry
ユニットコント「できる7人」DVD発売記念でトーク+握手&写メ撮影会
NEW Topics
「終わりのセラフ」帝鬼軍と吸血鬼たち8人がキュートなラバーマスコットに
「OUT」「マリア」などアウトロー系3作品が同時発売、複製原画プレゼントも
「ひらのりょうまんがまつり」に谷口菜津子、しりあがり寿ら登場
日本の自動車メーカー  中国市場でも「円安」が追い風に=中国メディア 
世界のジェット旅客機  新たな需要は「2033年までに3万5000機超」と中国企業予測=中国メディア
プロフィール

ひ☆と☆し

Author:ひ☆と☆し
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
検索フォーム

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。