FC2ブログ
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト映画  »  JK&内山麿我のボーイズラブシーンを中島知子が「ほれぼれする」と絶賛
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 [映画.com ニュース] 韓国人モデルのJKが映画初出演で主演した「東京 ここは、硝子の街」が11月8日、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で封切られた。JKは共演の中島知子、内山麿我らとともに舞台挨拶。「台本が日本語で難しかったけれど、監督やスタッフに演技を教えてもらったから大丈夫でした」と笑顔で振り返った。

【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら

 ゲイ、バイセクシャル、ニューハーフなどを通して東京の若者文化を切り取った作品で、JKは内山とのラブシーンにも挑戦。「マロさん(内山)と初めて会って、すぐにベッドシーンだったので…」と照れまくった。

 一方、歌手・浜崎あゆみとの交際も話題となった元バックダンサーの内山も演技初体験。「はじめましてって言ってから5分で、『じゃあ、脱いで』でしたから。最初はけれど、カメラが回ったら役に入り切った。体張って演じさせてもらいました。いい経験だったので、今後に生かしていきたい」とまんざらでもない様子だ。

 中島は2人との共演シーンはなかったものの、完成品を見て「一発OKだったと聞いていた。何よりきれいなのは、マロさんの背中。JKもちょっと内気だけれど、愛情を目いっぱい受けていやらしくなり、中世的な魅力が全開だった」と評価。「女性から見てもほれぼれする、セクシーなシーンがめじろ押しです」とPRにひと役買っていた。



引用:JK&内山麿我のボーイズラブシーンを中島知子が「ほれぼれする」と絶賛



スポンサーサイト
NEXT Entry
マーティ・フリードマン、盟友ジェイソン・ベッカーとの思い出語る
NEW Topics
「終わりのセラフ」帝鬼軍と吸血鬼たち8人がキュートなラバーマスコットに
「OUT」「マリア」などアウトロー系3作品が同時発売、複製原画プレゼントも
「ひらのりょうまんがまつり」に谷口菜津子、しりあがり寿ら登場
日本の自動車メーカー  中国市場でも「円安」が追い風に=中国メディア 
世界のジェット旅客機  新たな需要は「2033年までに3万5000機超」と中国企業予測=中国メディア
プロフィール

ひ☆と☆し

Author:ひ☆と☆し
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
検索フォーム

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。