FC2ブログ
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトテクノロジー  »  シティ2次入札締め切り 三井住友銀と三井住友信託の2行有力
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 米系シティバンク銀行の個人向け部門の売却先を決める2次入札が7日、締め切られた。シティ銀は国内4銀行に入札参加を呼びかけたが、新生銀行とりそな銀行の買収意欲は減退しており、三井住友銀行と三井住友信託銀行の2行が有力とみられる。シティ銀は年内にも売却先を固める考えだ。

 シティ銀の総資産は約4兆7000億円。売却対象は、1兆円規模の外貨預金を含む個人部門と、「ダイナースクラブ」ブランドのクレジットカード事業。

 関係者によると、三井住友銀は富裕層顧客を抱える個人部門を重視して応札したようだ。既にグループ会社で手がけているカード事業についての関心は大きくないとみられている。

 これに対し、三井住友信託銀は、個人部門よりカード事業を買収したい意向のようだ。会費や手数料など安定的に収益を確保できるとみて、応札では、カード事業を重視したとみられる。

 ただ、シティ銀は両事業の一括売却を想定している。個人部門とカード事業を切り離した場合、顧客が不便にならないか慎重に検討する。

 一方、新生銀は応札したものの具体的な買収価格を示さなかったとみられる。また、りそな銀は公的資金の完済を控えて高値を提示できないため、応札を見合わせるか悩んだ。

 関係者によると、シティ銀は価格だけでなく、ブランド戦略や従業員の今後の雇用などについても各行の考えを聞いたようだ。シティ銀は11月末にも優先交渉権を与える。



引用:シティ2次入札締め切り 三井住友銀と三井住友信託の2行有力



スポンサーサイト
NEXT Entry
三井物産、ブラジル鉄道参入正式発表
NEW Topics
「終わりのセラフ」帝鬼軍と吸血鬼たち8人がキュートなラバーマスコットに
「OUT」「マリア」などアウトロー系3作品が同時発売、複製原画プレゼントも
「ひらのりょうまんがまつり」に谷口菜津子、しりあがり寿ら登場
日本の自動車メーカー  中国市場でも「円安」が追い風に=中国メディア 
世界のジェット旅客機  新たな需要は「2033年までに3万5000機超」と中国企業予測=中国メディア
プロフィール

ひ☆と☆し

Author:ひ☆と☆し
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
検索フォーム

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。