FC2ブログ
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトテクノロジー  »  暴力ゲームは若者の暴力事件を減少させる?―米心理学博士が調査結果を発表
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年に発生したサンディフック小学校での銃乱射事件を受け、昨年、オバマ大統領がアメリカ疾病対策センターに1000万ドルの予算を投じたことで話題となった、ビデオゲームと暴力の関係性の研究ですが、ステッソン大学の心理学博士Christopher Ferguson氏が興味深い調査結果を発表しています。

Ferguson氏は、暴力的なゲームや暴力的な映画が長期にわたって増え続けてるのにもかかわらず、暴力事件は減少していると指摘しています。1996年から2011年にかけて発売されたESRBが指定する暴力的なゲームと、若者の暴力事件の発生件数を調査した結果、有名な暴力的なゲームが発売された年は、若者の暴力事件が減少しているということがわかったそうです。

Ferguson氏は、このような間違った認識により社会の限られたリソースが必要のないものに注がれているのではないかと懸念しており、この調査結果が本当に重要な問題に目を向けるための助けになるだろうと語っています。



引用:暴力ゲームは若者の暴力事件を減少させる?―米心理学博士が調査結果を発表



スポンサーサイト
NEXT Entry
「妖怪メダル」年末までに1億5000万枚を出荷へ 海外展開もスタート
NEW Topics
「終わりのセラフ」帝鬼軍と吸血鬼たち8人がキュートなラバーマスコットに
「OUT」「マリア」などアウトロー系3作品が同時発売、複製原画プレゼントも
「ひらのりょうまんがまつり」に谷口菜津子、しりあがり寿ら登場
日本の自動車メーカー  中国市場でも「円安」が追い風に=中国メディア 
世界のジェット旅客機  新たな需要は「2033年までに3万5000機超」と中国企業予測=中国メディア
プロフィール

ひ☆と☆し

Author:ひ☆と☆し
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
検索フォーム

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。