FC2ブログ
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトテクノロジー  »  意外? ニュースアプリ利用率1位はYahoo! ニュース - ICT総研
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICT総研は11月4日、「2014年度 モバイルニュースアプリ利用動向に関する調査結果」を発表した。

【もっとほかの写真をみる】

調査は、ニュースサイト運営会社・関連企業への取材結果に加え、インターネットユーザー4,294人へのweb アンケート調査、各種公開資料などをまとめて分析したもの。

調査結果によると、モバイル端末上でのニュースアプリ利用者が急激に増加している。2014年度は、2012年度の7倍以上の年間2,242万人、2017年度には4435万人が利用すると予測している。一方、グーグルやヤフーなどのポータルサイト上のニュースを閲覧する利用者は、3.000万人程度の横ばいが続くとしている。

「1年以内にニュースアプリを利用したことがある」と41.9%が回答。回答者の中からどのアプリを利用したか調査したところ、最も利用率が高いのは「Yahoo!ニュース」で 31.7%となった。「グノシー」が7.3%、「スマートニュース」が6.8%、「LINE ニュース」が6.3%と続いた。

「Yahoo!ニュース」の首位は、元々ヤフーのポータルサイト上でニュースを読む人が多く、使い慣れたサービスを選択しているためと分析している。「グノシー」や「スマートニュース」が7%前後の利用率に達しているのは注目に値するとしている。

満足度は、「スマートニュース」が最も高く77.7ポイント、次いで「Flipboard」が77.3ポイント。「Yahoo!ニュース BUSINESS」が 76.7ポイント、「LINE ニュース」が74.3ポイント、「Antenna」が74.1ポイントと続いた。

「スマートニュース」の満足度が高いのは、電波の悪い場所でも快適に記事を読める機能「Smart モード」などスマートフォンのために最適化されたユーザーインタフェースが評価されていることなどが考えられるしている。

ニュースアプリを利用しない理由は「他の媒体から得るニュースで十分だから」という回答が最も多く、56.1%となった。次に多かったのは「自分でニュースを探したいから」で19.6%を占めており、、キュレーション型のサービスを嫌う利用者も多い。また、コンテンツ課金に対する懸念や、ニュースアプリ上の広告などもニュースアプリを敬遠する理由となっている。

文字や写真で読むニュースメディアの中心は、これまで紙媒体の新聞が担ってきたが、若年層の新聞離れが続き、ここ数年でネットニュースが中心になりつつある。国内の新聞発行部数は2000年の5,370万部から2013年には4,700万部へと減少を続けている。

月額4000円程度の新聞購読料を嫌う世帯が増えているためで、今後も新聞の購読者減少には歯止めがかからないとしている。



引用:意外? ニュースアプリ利用率1位はYahoo! ニュース - ICT総研



スポンサーサイト
NEXT Entry
レトロゲームがテーマの切手を自腹でアイルランドからお取り寄せしてみた
NEW Topics
「終わりのセラフ」帝鬼軍と吸血鬼たち8人がキュートなラバーマスコットに
「OUT」「マリア」などアウトロー系3作品が同時発売、複製原画プレゼントも
「ひらのりょうまんがまつり」に谷口菜津子、しりあがり寿ら登場
日本の自動車メーカー  中国市場でも「円安」が追い風に=中国メディア 
世界のジェット旅客機  新たな需要は「2033年までに3万5000機超」と中国企業予測=中国メディア
プロフィール

ひ☆と☆し

Author:ひ☆と☆し
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
検索フォーム

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。