FC2ブログ
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトテクノロジー  »  東和薬品:ジェネリック医薬品の新CMで黒柳徹子さんに加え、南こうせつさんも登用
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ジェネリック医薬品大手の東和薬品(本社・大阪府門真市)は5日、東京都内で新CM「クスリの、センタク。」編の発表会を行った。2004年からキャラクターを務めた黒柳徹子さんに加え、今回のCMでは南こうせつさんも登用した。同社の吉田逸郎社長は発表会で、日本におけるジェネリック医薬品の普及の大切さを論じ、患者自身が知識を持ち、どのような薬を使うかを自ら選択してほしいと訴えた。

 ジェネリック医薬品とは、ある医薬品の有効成分についての特許である物質特許が切れた後に、他の製薬会社会が製造・販売する同じ有効成分の薬を指す。有効成分については、厚生労働省がそれまでと同様にチェックを行う。患者を診察した際に、医師は「新薬しか認められない」と判断すれば、処方箋の該当部分に記入をするので、逆にいえば処方箋に使用不可と書かれていないかぎり、ジェネリック医薬品は「医師も使用を認めている」ということになる。

 吉田社長は発表会で、ジェネリック医薬品の費用削減効果を強調した。ジェネリック医薬品は研究・開発費が少なくすむため、比較的安価に供給できる。そのため、医療費の個人負担を抑えられるだけでなく、社会全体の医療費を下げる効果もある。

 厚生労働省の発表によれば、平成21年度(2009年)に35兆3000億円だった日本の医療費はその後も年々増加し、平成25年度には39兆3000億円に達した。国民1人当たりで、年間約30万円の負担になった。2025年度には、61兆8000億円にまで膨らむとの試算もあるという。

 吉田社長は、日本国民が存続を願っている国民皆保険の制度を維持するためには財源の確保が必要と説明。医療費を引き下げるためにも、ジェネリック医薬品の普及をさらに進める必要があると主張した。

 日本ではジェネリック医薬品に対する認知度が高まってきたとはいえ、シェアとしては他の先進国に比べてかなり低く、2013年実績で45.1%と、50%に達していない。米国ではシェアが90%程度。日本と同様な医療保険制度を導入しているドイツも90%台、英国は70%台、フランスやスペインは60%台だ。

 吉田社長によると、2004年から黒柳徹子さんに、ジェネリック医薬品普及のためのキャラクターを務めてもらい、40-60代を中心に、薬も選択できることを広く知ってもらおうとPRを続けてきた。09年からは、黒柳さんに「くすりのあした研究所所長」として、人形も使ったアピールをしてもらった。
 
 吉田社長は、ジェネリック医薬品について、有効成分は変えることができないので、形や色、味、添加成分はあらたな工夫を加えることができると説明。同社では製品を飲みやすくするために、さまざまな改良を加えており、黒柳さん出演のCMで人形を使ったのは、とかく薬をいやがりがちな子どもに、薬が飲みやすくなっていることを知ってもらいたかったからという。

 「くすりのあした研究所所長」設立のきっかけは、同社のRACTAB(ラクタブ)技術が、2009年にグッドデザイン・ベスト100に選ばれたことだった。同技術は主薬を含有する機能性薬物粒子と口のなかですばやく溶ける速崩壊性粒子を組み合わせた錠剤で、「子どもだけでなく、高齢者にまで対応している技術」、「嚥下するスピードや薬物放出が自在に調整できる汎用性」、「広範囲な薬物対応性が高齢化を迎える次世代に、特に必要なこと」が評価された。製剤設計、製材技術にが同賞を受賞したのは初めてだったという。

 2014年春には、「ワタシのセンタク。」と名づけたジェネリック医薬品のPRプロジェクトを始めた。「ジェネリック医薬品を知ってはいるが、まだ選択にはいたっていない」人を対象に、「患者自身の選択で、ジェネリック医薬品を使ってほしい」とアピールしている。

 吉田社長は、「ジェネリック医薬品と東和薬品をもっと知っていただきたい」、「大切なことは安心と信頼です」などと、改めて力説した。

 黒柳徹子さんに加え、南こうせつさんも出演する新CM「クスリの、センタク。」は、PR活動「ワタシのセンタク。」の一環。キャラクターとして新たに加わった南こうせつさんには今後、プロジェクトを推進するメッセンジャーとしての役割を期待しているという。

 発表会後半のトーク・イベントでは黒柳さんが「たまたま、その日だけ見た新聞広告を見て、NHKの女優募集に応募することを“選択”」、南さんは「ギターを持って歌う仕事を“選択”した。還暦を過ぎても歌っているとは想像もしていなかった」と、2人が人生における「自分の大きな選択」を披露。

 黒柳さんは、「何かを選択する時には、直観力と経験にたよることになる」、「選択に際して、実は脳の中でものすごい量の情報を処理していると聞いた」などと話し、選択に際しては、「自分を信じることが大切」と述べた。

 南さんは、新CM「クスリの、センタク。」のために作ったオリジナル・ソングを演奏。フォーク調のしっとりとした曲調で、南さんは「夢を持つこと」、「寄り添うこと」の大切さやすばらしさを込めたと説明した。

写真は左から東亜薬品社長の吉田逸郎氏、CMキャラクターの黒柳徹子氏、南こうせつ氏、写真撮影サーチナ編集部(編集担当:中山基夫)



引用:東和薬品:ジェネリック医薬品の新CMで黒柳徹子さんに加え、南こうせつさんも登用



スポンサーサイト
NEXT Entry
日銀の追加緩和、隣国に弊害をもたらす可能性がある=中国メディア
NEW Topics
「終わりのセラフ」帝鬼軍と吸血鬼たち8人がキュートなラバーマスコットに
「OUT」「マリア」などアウトロー系3作品が同時発売、複製原画プレゼントも
「ひらのりょうまんがまつり」に谷口菜津子、しりあがり寿ら登場
日本の自動車メーカー  中国市場でも「円安」が追い風に=中国メディア 
世界のジェット旅客機  新たな需要は「2033年までに3万5000機超」と中国企業予測=中国メディア
プロフィール

ひ☆と☆し

Author:ひ☆と☆し
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
検索フォーム

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。